山崎文庫の日誌 2020年10月

東京・赤坂(港区)で営業するバー「山崎文庫」。その店主である、山崎耕史氏によるFacebookの投稿をまとめた。文章と写真は、山崎氏の許可を得て転載している。当記事の内容は山崎氏個人の見解である。(編集部)

10/1(木)
来週から伊島薫さんのご紹介で、かなりラディカルな日本画家、木村了子さんに展示していただくことになりました。木村さんはイケメン男性をモチーフに様々なテーマで日本画を描いておられます。乞うご期待ください。私も楽しみにしております。

木村了子「水と黒」展
10月10日から24日まで
夕方5時から深夜店主が呑んだくれてへたるまで
皆様、お待ちしております。9日夕方には展示してあるので、ご覧になれます。

尚、初沢君のコロナ禍写真展は横浜元町で明日から開催です。こちらも文庫でお見逃しの方、横浜にお出かけの方、とにかく初沢君のくどい創作余談がお聞きになりたい方、ぜひどうぞ!
明日はレセプションパーティーが18時からあるそうです。
2020年10月02日〜
13:00開始 〜 17:00終了
神奈川県横浜市中区元町1-38-2
費用:無料
問い合わせ先:株式会社五六
TEL:045-311-5100

尚、もぬけの殻となった今夜も5時から営業しております。ちびちび一人呑みながらお待ちしております!

10/4(日)
「日本学術会議への人事介入に抗議する」とポンコツリベラル、エセ左翼共が騒々しい。だいたいこいつらの大前提がナンセンスである。日本は敗戦後、米帝の核の傘の下、自主防衛を放棄し、実質的に属国化した。経済と美学に生きることを選択した。米帝の侵略戦争、人権侵害に加担した。その恩恵を享受してきた。世界平和、核拡散防止もスローガンだけ、現実的には紛れもなく米帝の奴隷、侵略国家である。我々が憲法9条のおかげで核とも戦争とも無縁である、平和国家である、というのは欺瞞の極み、狡猾な共同幻想にすぎない。
 よって、日本学術会議なんぞこれまでも原子力潜水艦日本帰港反対、軍学共同反対を提言した程度で、こんなもんそもそも欺瞞の極みである。
本気で世界平和、核拡散防止を思うなら、日米同盟破棄、天皇ヒロヒトの戦争責任追及、天皇制打倒、アジア太平洋侵略の戦後賠償でも主張してみろ、あほども!とまあ今夜も日曜放言でした。写真は初沢くん撮影。皆様、横浜へお出かけの際はぜひ初沢くんの写真展へ!

10/6(火)
久々に早稲田古書店街へ。多くの店がコロナで営業休止していた。が、虹書店は朝10時半から開けていた。グラムシ、ローザルクセンブルク、アミン、プーランツァス、梯明秀、黒田寛一、廣松渉等々、マルクス主義者の力作、労作がずらりと並ぶ。26年前はじめて来た時とまるで変わらない。どれもこれも驚愕の安価だ。それにしても重苦しいのなんの、46歳日和見主義者には耐え難い陳列棚であった。

10/10(土)
最近、何よりファクト(事実)が大事だという言説をよく耳にする。しかし、そもそも裸のファクトなんか存在しない。ファクトは常に既に汚染されている。己がファクトだと信じるものがいかに時空の制約、歴史的地理的制約を受けているか。先入観、思考範型、集合的無意識によって支配されているか。これは私の若い頃、当たり前の認識であった。村上陽一郎全盛期、彼を通じてハンソンの理論負荷性を学んだ。理論が先にありき、そのあとファクトが収集される。今日、この基本的な認識もないアホなモラトリアム学者、教授、准教授(こいつらをもてはやすバカマスコミ)が跋扈している。こいつらは己の思考様式、感情様式、生存様式を微塵も相対化できない。右派も左派も村上陽一郎の日本学術会議批判の要諦をまるで理解できない。絶望的な世界である。
皆様、本日より木村了子さんの展示、はじまりました!ラディカルな絵に囲まれて呑む、快楽と恐怖!皆様もぜひ、お待ちしてまーす!酔ってまーす!


山崎文庫
〒107-0052
東京都港区赤坂6-13-6 赤坂キャステール
Facebook