新型コロナワクチン(2回目) 日誌(仮):05/2021

21日に新型コロナワクチンの2回目を受けた。結果から先に書くと、翌日に熱が出て丸1日潰れました。ワクチン接種を受ける方は、解熱剤の準備を忘れずにした方がよいかと。

1回目は先月の日誌に書いた通り。

新型コロナワクチン(1回目)を受けてきた 日誌(仮):04/2021

午後3時ごろに接種。帰宅後、就寝する午前0時ごろまで接種部位(左肩)の痛みと軽い倦怠感あり。ここまでは1回目とほぼ同じ。

午前3時ごろに悪寒、高熱と頭痛で目を覚ます。咳や鼻水、喉の痛みなどはなく、体感としてはインフルエンザに罹った時とまったく同じ。食料も解熱剤も家にないことに気づき、午前4時ごろにコンビニでポカリスエットなどを買い込む。解熱剤の服用は、厚生労働省のHPで問題ないと確認。近所の薬局に行くまで寝たり起きたりを繰り返しながら過ごす(高熱のせいで寝てもすぐ目が覚めてしまう)。

午前11時ごろに薬局へ。ロキソニンを買いたかったのだが薬剤師の姿が見えず、店員に声を掛ける気力もなかったので市販の解熱剤を購入。服用して即、眠りに落ちて15時ごろに目が覚める。体調はいくらか回復するも熱と悪寒、頭痛が残っている。その後は約4時間ごと(解熱剤の効果が切れるまで)に軽い食事と解熱剤の服用、睡眠の繰り返し。

翌午前1時ごろにはほぼ全快。ただし、1日中横になっていたせいで体がバッキバキ。

ほぼ丸1日が潰れたわけですが、これで抗体ができると思えば安いもんです。はやく大っぴらに酒が飲めるようになってほしいなあ!