編集Sの日誌 2021年1月

1/4(月)
あけましておめでとうございます。
この年末年始も諸々の原稿を書き続けていましたが、社会的には明日が仕事はじめです。
昨年はコロナ禍で色々なことがうまくいかない年でしたが、
できなかったことよりもできたこと、これからできそうなことに思いを馳せたいと思います。
昨年は、3月に梵天レコードの加藤君とウェブメディア「Tranquilized Magazine」を始めることができました。
また9月に、新バンドNightwingsのレコーディングを行いました。こちらは今年中にはリリースできるかと。
今年中に、このNightwingsのアルバムをつくりたいですね。曲はもう割と揃っています。
また、18年末に上梓したディスクガイド『Vintage and Evil』(発行=オルタナパブリッシング、発売=星雲社)に続く、第2弾ディスクガイドの原稿を19年頃からシコシコと書き溜めていたのですが、これを脱稿までもっていきたい。
前作の執筆には約5年を要したのですが、今作は前作の約2倍のライター陣にご協力頂き、執筆ペースも約2倍の進捗をみせています。
The BeatlesとCypress HillとJ-POPが一緒に掲載されているような、今までにないディスクガイドになる予定です。どんな切り口なのかは、リリース時のお楽しみということで。

今回の年末年始は、妻子をひたちなかに送り迎えつつ、1人下道岐阜旅行などを挟みながら1400kmほどを走り倒しました。
道中で聴いていた、45枚のCDは以下の通り。

Steel Mill「Jewels Of The Forest – Green Eyed God Plus」
V.A.「L’arc~en~Ciel Tribute」
スピッツ「オーロラになれなかった人のために」
スピッツ「Crispy!」
日向坂46「ひなたざか」
少年ナイフ「Let’s Knife」
Salem「Creating Our Sins」
Nightwingsの未発表音源
Ramases「Space Hymns」
The Third Power「Believe」
The Slits「Cut」
乃木坂46「生まれてから初めて見た夢」
Paul Chain Violet Theatre「In The Darkness」
TNT「Firefly」
Simon And Garfunkel「Parsley, Sage, Rosemary And Thyme」
Tai Phong「Tai Phong」
山本彩「Rainbow」
AKB48「0と1の間」
Jacks「Vacant World」
アーバンギャルド「少女は二度死ぬ」
Simon And Garfunkel「Sounds Of Silence」
放課後ティータイム「放課後ティータイムⅡ」
Ecstatic Vision「Sonic Praise」
Tear Gas「Tear Gas」
スピッツ「ハチミツ」
たこやきレインボー「軟体的なボヤージュ」
Three Man Army「A Third Of A Lifetime」
スピッツ「インディゴ地平線」
乃木坂46「透明な色」
Tarot「To Live Forever」
Sonic Flower「Sonic Flower」
スピッツ「三日月ロック」
Kula Shaker「K」
山内テツ「TETSU」
Speed「Rise」
スピッツ「空の飛び方」
Speed「Starting Over」
乃木坂46「それぞれの椅子」
Skull Pit「Skull Pit」
Stillborn「State Of Disconnection」
Mellow Candle「Swadding Songs」
Beethoven「Three Favourite Sonatas “Moonlight” “Pathetique” “Appassionata”」
エレファントカシマシ「エレファントカシマシ」
Glay「Beloved」
トスカニーニ「くるみ割り人形~ロシア管弦楽曲集」