東京のスラッジバンドabiuroの第2弾音源が発売

abiuro – 666 Doom (2020)

国内バンドによるコンピレーション『DOOM FUJIYAMA』を主宰するなど活発な動きを見せる東京の若手スラッジ・バンドabiuroによる第二弾EPが発売中。

ディスクユニオンでは本日28日より取扱開始。bandcamp でのデジタル販売も近日中に開始予定。サタニックでトリッピーなアートワークは、メンバーの生田氏(Vocals, Guitars)の手によるもの。以下詳細。

商品紹介文:
東京を中心に活動する3ピースドゥーム/スラッジコアバンド、abiuroの第二弾となる音源。1st Demo「narak」 EPから約半年、重厚感がさらに増し、より邪悪となった1枚。

価格: 1000円 (ディスクユニオンでの購入は+消費税)
レーベル:自主制作
フォーマット:CD-R、デジタル(bandcamp)
CD取扱店:ディスクユニオン(渋谷パンク・ヘヴィメタル館、下北沢店、吉祥寺店、町田店、千葉店、大阪店、池袋店、新宿パンクマーケット、横浜西口店、Web通販)
死体カセット (Web通販)

https://abiuro.bandcamp.com